高級家具 アンティーク家具 輸入家具で部屋をエレガントでおしゃれに クラシック家具のレノン東京

Furniture, Accessories, Dreams.
Interior Gallery LENON Since1992
HOME 高級輸入家具 高級輸入住宅・マンションのコーディネート ショールームご案内 インテリアサロンレノン東京
:品質・ポリシー

Policy of High Quality

欧米のセレブレティ達が愛する、品質の高いクラシックな空間。日本のお客様にも、世界レベルのクラシック家具を、お気軽に、安心してお使いいただけるように、最善の努力をしております。
木の家具を、長い間ご愛用頂くために、アフターサービス専門のスタッフが、常駐しております。ソリ、クラックなどお気づきのことがございましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

>アフターメンテナンス
>レノンプライスシステム
>マホガニー材とは
>腕の良い職人たちによる彫刻

1.安心のアフターメンテナンス

芸術家クラスの職人たちが手掛けた家具は、とても繊細です。
天然木の無垢材の家具は、温度や湿度に敏感ですので、そりや割れが生じる場合がございます。しかし、それで価値が下がるわけではございません。使い込んでいくほどに、艶が出て魅力が増していきますので、お子様やお孫様の代まで、お使いいただけます。

レノンでは、お客様が長くお使いできますように、専門スタッフがアフターサービスを行っています。
何かお気づきの点がございましたら、お気軽にご連絡下さいませ。

2.お求め安い価格を実現した、レノンプライス システム

在庫ゼロによる、コストダウン
当社では、展示品以外の在庫を持っておりません。
ほとんどの品物が、お客様からご注文を頂いたものだけを製作するため、お求め安い価格となっております。
オーダー家具や、展示品に無いものは、お好みの色と張り地でお作りいたします。
50% 前受け金をいただき、低コスト低プライスを実現
オーダー家具など、展示品以外の家具を、お買い上げいただく際は、お値段の50%を先に頂いております。
お支払いは、現金、銀行振込み、カードからお選びいただけます。
ご入金確認後、約半年でお手元に届きます。

3.貴族達が愛した高級木材 マホガニー

高級木材、マホガニーの光沢美しいテーブル

18世紀 イギリス家具。今なお、アンティークのオークションで、最高の値がつくものばかりです。当時、登場した彫刻に最も適した高級木材が、マホガニーです。
たとえばイギリスでは、ダイニングテーブルに、クロスを2重に掛けてセッティングする事が、正式とされています。しかし、マホガニーで作られたテーブルだけは、クロスを掛けなくても、失礼にはあたりません。マホガニーは木目が美しく、その光沢は、木の象牙と言われています。そして、昼間の光とろうそくの灯りのもとでは、違った美しさを見せてくれます。
この美しい木目の光沢を見せるために、クロスをかけずに、お客様をおもてなしするのです。
いつまでも使って頂きたい家具だから、木材のときから丁寧に仕上げています
あくを抜くために、
マホガニーの丸太を、5~6年雨にさらします
製材して7~8年、自然乾燥させます
長い年月、お使い頂ける家具を作るために、木材の段階で、時間をたっぷりかけて仕上げます。マホガニーの木が、家具が作られる大きさに成長するまでに、5、60年かかります。そして、伐採した木材の乾燥に、10年以上の年月をかけています。
自然の中でしっかりと乾燥させた木材で、家具を作っておりますので、お子様や、お孫様にも残していただける価値のある家具となるのです。
無垢の家具だからこそ、ヒビが入っても、価値が変わる事はありません
レノンの家具は、無垢の木材を使っておりますので、年月が経過すると、ひびや割れが生じることがあります。
しかし、それは、天然木材ならではの事です。
法隆寺などの日本の木材建築や、欧米のアンティーク家具でも、木の割れは生じていますが、価値は変わることはありません。
参考写真:
「The World of Interiors」

ドイツにあるロココ時代の本棚です。修道院で宗教的な本を隠すために作られました。最上級のロココの技法、建築手段、彫刻、絵画、デザインだと言われています。
無垢の木のために、あらゆる箇所にひび割れが生じていますが、それを問題視して、修理するという感覚はありません。

参考写真:
「The Life and Work of
Thomas Chippendale」

18世紀、イギリスの家具デザイナー、チッペンデールがデザインした家具です。彼の作った家具は、アンティーク家具の中でも、最高級品の1つと認められていて、1つ数千万円の値段がつくものばかりです。こちらのライオンのデスクは、現在の紳士方にも人気があり、彫刻家たちが新しく作り出しています。
1766年に作成されたデスクには、ひび割れが生じています。やはり、それを直すという価値観はありません。

参考写真:
大東文化大学 浜口俊裕
電子ギャラリーより

源氏物語の真木柱のワンシーンです。女の子が、いつも寄りかかっていた柱の割れた所に、お別れする父への手紙を託します。日本が、無垢の木を身近に使っていた頃のエピソードです。

4.いつまでも飽きることのない、見事な彫刻

世界中から注文を受ける、腕の良い職人達が1つ1つ手作りで作り上げています。その芸術品のような彫刻は、いつ見ても飽きることのない魅力を持っています。家具の材料は、彫刻を美しく表現する事に最も優れているとされる、マホガニー材を用いておりますので、きめ細かな滑らかさと、使うほどに深まる艶をお楽しみ頂けます。
お客様の一生の宝物として、また、代々使って頂くことのできる高いクォリティの家具です。
どんなデザインも、美しく仕上げる職人技。
芸術家ともいえる、腕を持つ職人たちが作り上げる家具の美しさ。
ぜひ、ご堪能くださいませ。
高級輸入家具
高級輸入住宅・マンションの
コーディネート
品質&ポリシー
ショールームご案内
会社概要
テレビ/雑誌
ブログ
リンク
さいたまショールーム
埼玉県さいたま市北区吉野町2-189-3
048-663-9566
oomiya@lenon.co.jp
営業時間 10:00~18:00
水曜定休日
インテリアサロンレノン東京
東京オペラシティ プラスオペラ内
デザイナーが常駐しておりますので、伝統的なクラシックスタイルから、最新のクラシックインテリアまで、お客様のご要望にお答え致します。
インテリアデザインや、オーダーメイド家具の相談も、お気軽にご相談くださいませ。
高級輸入家具 高級輸入住宅・マンションの
コーディネート
品質&ポリシー ショールームご案内
会社概要 テレビ/雑誌 ブログ リンク