インテリア 通信−世界 一流のクラシック インテリア デザイン |クラシック家具インテリアデザインのインテリア ギャラリーレノン

輸入家具 企業案内 TV/雑誌 リンク 名物社長のblog
HOME
ジョージアン様式 ロココ様式 リージェンシー様式 ネオクラシック様式 店舗のインテリア インテリア通信
インテリア通信
-世界の最新
 インテリアスタイル
1.もっとエレガントに
 ネオクラシック

2.もっと、かっこよく
 ネオリージェンシー

3.おしゃれに正統派
 ネオジョージアン
4.シンプルリッチに
 クラシックモダン

-輸入住宅を建てるなら

-一流品にこだわる
  男のインテリア

-クラシックインテリアへの
 最初の一歩
Topインテリア通信≫ネオリージェンシースタイル
ネオ・リージェンシースタイル
ホテルリッツ パリの
プレステージ・スイート・インペリアルルーム
参考写真:Ritz Paris HPより
ナポレオンの肖像画
National Gallery of Art, Washington, DCの所蔵
もっとかっこよく
ネオ・リージェンシー
リージェンシー様式とは、フランスでナポレオン一世の好みを反映して、誕生したスタイルです(エンパイア様式)。フランスの流行は、その後ヨーロッパ各地に広まり、イギリスでは摂政時代にあたるので、リージェンシー(摂政)様式と呼ばれるようになりました。


フランス革命後の荒廃したフランスを統一したナポレオンは、今までの王朝が好んだロマンティックな雰囲気とは、一線を画したスタイルを好みました。
軍人であり、 頭脳明晰な彼の好みは、実用的で簡素なこと。
そこに、遠征先で知ったエジプトやローマの文化と、フランスの華麗な文化が合わさって、贅沢なマニッシュスタイルが誕生したのです。

 −直線的なフォルムに、アクセントとして施されたライオン、スフィンクス、女神などの荘厳なモチーフと、茶色主体の家具にあしらわれた、ゴールドのアクセントが特徴的です。


左の写真は、パリにあるホテルリッツの一番高価なスイートルーム、インペリアルルームです。各国の女王達が、代々愛用している部屋だそうです。
赤いシルクの張り地のナポレオン時代の家具を使ったサロンは、歴史的建造物に指定されています。

パリのアパートメント
参考写真:「ALBERTO PINTO Classics」 RIZZOLI出版
リッツカールトンホテル モスクワのロビー
参考写真:The Ritz-Carlton,Moscow HPより
マニッシュでかっこいい空間にしたい。
ロマンティックにならずに、豪華なインテリアにしたい。

そういった時に、欧米では、リージェンシースタイルのインテリアを取り入れています。
黒×ゴールドの強い色調、甘さのないデザインは、ゴージャスでかっこいい空間を作り出します。

NYのアパートメント
参考写真:
「ARCHITECTURAL DIGEST FEBRUARY 2008」
Harry N Abrams出版
ビバリーヒルズの家
参考写真:
「ARCHITECTURAL DIGEST FEBRUARY 2003」
Harry N Abrams出版
リッツカールトンホテル モスクワのスイートルーム
上記2点写真:The Ritz-Carlton,Moscow HPより
すっきりと、かっこよく
モダン×リージェンシー
モダンのすっきりしたカッコよさが好き。
でも、ちょっと飽きてきたと感じたら、
リージェンシースタイルの家具を足すと、インパクトのあるかっこいい空間が生まれます。

モダンのシンプルな魅力に、リージェンシースタイルのゴージャスさを加味した、シンプルリッチなスタイルです。

フレンチリージェンシースタイルと紹介されている、
フロリダにあるカントリークラブ
参考写真:
Florida Design Magazine Vol. 16, No. 1
Harry N Abrams出版
ロンドンの高層マンションの1室
参考写真:
「ARCHITECTURAL DIGEST FEBRUARY 2003」
Harry N Abrams出版
抜け感のある、贅沢な空間
ネオ・リージェンシースタイル
マニッシュでかっこいい空間。
ロマンティックではない、豪華なインテリア。
といった、リージェンシースタイルの特徴を、時代に合わせたおしゃれなモチーフで表現するスタイルです。

リージェンシースタイルのゴージャスさに、
モダンアートや、窓からの都会的な眺め、アニマル柄、白い家具など、さまざまなアイテムで抜け感を出して、スマートな雰囲気を作り出します。

抜け感やインパクトのさじ加減で、思い通りのマニッシュさを表現できます。
左上の2枚の写真は、フロリダにあるカントリークラブです。フランスを好きなご夫妻が、建物は正統派のフランスのお城風、インテリアは、もともと持っている、世界各国の絵画や調度品、アンティーク家具を生かして、おしゃれなフレンチリージェンシースタイルにしているそうです。




左下の写真は、ロンドンにある、ロシア人オーナーの仕事用の高層マンションです。リージェンシー様式特有のダイナミックな色遣いの中に、白い家具を添えて温かみを出しています。

ハリーウィンストン
ビバリーヒルズショールーム
ハリーウィンストン
ニューヨークショールーム
上記2点写真:ハリーウィンストンHPより
ラルフローレンホーム
NYマンハッタンショールーム
参考写真:
「ARCHITECTURAL DIGEST 2008 September」
Harry N Abrams出版出版
黒×ゴールドでつくる、
洗練されたショールーム
黒×ゴールド
クラシック家具。
一見、とっつきにくいような組み合わせですが、洗練された空間作りに欠かせないアイテムです。


ハリーウィンストンでは、ブラック&ゴールド、モダン&クラシックの割合を、その国の感性に合わせて取り入れて、一流のダイヤモンドにふさわしい、洗練された空間を作っています。


ラルフローレンホームは、Restraint and luxury Meet−「抜け感のあるラグジュアリー」を目指したショールームをマンハッタンに作っています。
パリのエスプリにインスパイアされて、今までの伝統的なクラシックスタイルに、シンプル&カッコよさをミックスしたインテリアを提案しています。

家具・お客様の
インテリアを見る
ナポレオンスタイルの
癒し空間
リージェンシー
スタイルの家具
モダン&
デコラティブな
外資系オフィス
NY紳士風の
クラシックスタイル
インテリア
コンラン教デザインの内装と、個性的なクラシックインテリアのコラボレーション。
上へ戻る
ネオクラシック

自分流インテリア
ネオ
リージェンシー
抜け感のある、贅沢な空間
輸入家具 企業案内 TV/雑誌 リンク サイトマップ
HOME ジョージアン様式のインテリア ロココ様式のインテリア リージェンシー様式のインテリア ネオクラシック様式のインテリア 店舗のインテリア

インテリア 通信−世界 一流のクラシック インテリア デザイン |オーダー家具クラシック家具・輸入家具のインテリア ギャラリーレノン