素敵なインテリアの作り方−世界 一流のクラシック インテリア デザイン |オーダー家具クラシック家具・輸入家具のインテリア ギャラリーレノン

輸入家具 企業案内 TV/雑誌 リンク 名物社長のblog
HOME
ジョージアン様式のインテリア ロココ様式のインテリア Newクラシック様式のインテリア 店舗のインテリア インテリア通信
インテリア通信
-輸入住宅を建てる なら
-一流品にこだわる
男のインテリア

-クラシックインテリアへの最初の一歩

-世界の最新
 インテリアスタイル
Top≫インテリア通信
インテリア通信
クラシック インテリアの部屋作りには、足し算のインテリア コーディネイトが必要です。
家具やカーテン、照明を揃えただけでは、雰囲気のあるお部屋にはなりません。

しかし、インテリア アイテムを足していくたびに、部屋は魅力を増していきます。、
素敵なインテリアデザインのコツを覚えて、お部屋をクラスアップしていきましょう。
輸入住宅や、輸入家具を買う。
クラシック インテリアにする。
それは、ヨーロッパやアメリカの文化、生活、思想を体現したいという事ではないでしょうか?
憧れのイメージは千差万別です。
歴史的背景を知り、素敵なインテリアデザインの方法を知って、自分のイメージする、憧れの生活スタイルを作っていきましょう。

監修
日本インテリアデザイナー協会 会員番号1170
代表取締役 福田 忠男
略 歴
1944年 生まれ
1967年 中央大学経済学部卒業。
フランスベッド鞄社。大宮営業所にて大塚家具を担当し、社長と親交を深める。
1972年 大塚家具入社。
取締役ハウジング部長として住宅販売を担当。
以後、取締役企画部長として、出店・採用・商品企画・広告宣伝を担当する。
1987年 経営企画室新設による、取締役就任。
家具専門店と、インテリア関連のプロフェッショナルをいかにジョイントするかのテーマで、ロスにあるパシフィックデザインセンターを見学し、長年の懸案が全てそこにあり、感動する。
潟Cンターナショナルデザインセンタージャパン(I.D.C.ジャパン)の設立構想と、実施に向けてのビジネス化を学ぶ。
1989年 日本初のI.D.C.(インターナショナルデザインセンター)設立計画立案。
株式会社インターナショナルデザインセンタージャパンを横浜市鶴見区に開業し、取締役に就任する。
プロフェッショナルの為の施設として、主に住宅産業、百貨店、ゼネコン、設計、他プロフェッショナル企業をクライアントとした国際的なデザインセンターをスタートさせる。
ホテル、商業施設、住宅等のコントラクトビジネスを展開する。欧州をメインとした、トップメーカーのデザインへのこだわりを学び、クライアントへ情報発信する。
椛蜥ヒ家具と蟹.D.C.ジャパンを合併する。
蟹.D.C.ジャパンを退社。
1992年 株式会社レノン設立。
国際化とインテリア専門店のあり方を考え、ヨーロッパにあるような専門店作りを夢見て、レノンを設立する。
皇室家具御用達の大隈照雄氏に「本物の家具とは」を2年間学び、特に英国アンティーク家具を海外にて学ぶ。特にロンドンデザインセンター(チェルシーハーバー)で、会員企業と取引を開始する。
1995年 インテリアギャラリー レノンを開業する。
すべての道は、「顧客の満足=オーダーメイド」として世界のビジネスが成り立っていることを学び、ロンドンに駐在員を置き、「工房もの」の情報を幅広く集め、工房まで出向いて強調体制を組み、「オーダーメイドシステム」としての受注体制を作り上げる。
2002年 赤坂東急プラザに出店し、家具販売だけでなく、総合的なインテリアデザインを手がける。

主なインテリアデザイン作品
店舗 浜名湖リゾートホテル、ブライダルサロン ル・トリアノン、神戸館錦通り店。
顧客 六本木ヒルズなどの高層マンションや、大型輸入住宅のインテリアデザイン。
リフォーム他。
輸入家具 企業案内 TV/雑誌 リンク サイトマップ
HOME ジョージアン様式のインテリア ロココ様式のインテリア Newクラシック様式のインテリア 店舗のインテリア インテリア通信

素敵なインテリアの作り方−世界 一流のクラシック インテリア デザイン |オーダー家具クラシック家具・輸入家具のインテリア ギャラリーレノン