インテリアコーディネイト・洋書のワンシーンのようなインテリアデザイン|インテリアコーディネイトならレノンさいたま店

Furniture, Accessories, Dreams.
Interior Gallery LENON Since1992
HOME 高級輸入家具 高級輸入住宅・マンションのコーディネート ショールームご案内 インテリアサロンレノン東京
:高級輸入住宅・マンションのコーディネート
ジョージアン
インテリア
ロココ
インテリア
リージェンシー
インテリア
ネオクラシック
インテリア
フレンチ
インテリア
アメリカンラグジュアリー
インテリア
店舗の
トータルインテリア

年月をかけてつくるインテリア

美意識にかなったものだけを集めて作ったお客様のインテリアです。
インテリア デザイン担当 :福田忠男

インテリアは年月をかけて創造していくもの−

田邉様は、3人のお子様とご夫婦の5人家族でいらっしゃいます。ご主人様と奥様のお二方とも、インテリアがとてもお好きでいらっしゃり、「美しく住まう」生活を楽しんでいらっしゃいます。

田邉様邸の美しさは、長い年月をかけて、美意識にかなうものを少しずつ足していく事で生まれる、複雑で奥の深い美しさです。取材でお伺いした日には、上の写真中央にある、クィーンヴィクトリアの2人掛けチェアと、後に紹介するベッドルームの本棚、ランドリーBox、お庭のベンチ、クリスマス小物をご購入いただきました。
それぞれの場所に家具をコーディネイトすると、不思議なことに、部屋が狭く感じるのではなく、その場所が美しく引き立ってきます。そして、今までそこにあったかのような存在感を持ち、「この場所になくてはならないもの」となり、前よりも美しい場所となっているのです。
リビングはソファセットを置くのではなく、チェアを1脚ずつ上手にコーディネイトしていらっしゃいます。それぞれのチェアは、布張りや木製といった形式が違いますし、ファブリックもお揃いではありません。しかし、それぞれが極上の品ばかりで、醸し出す雰囲気が同じですので、見事に調和された美しい空間を作り出しているのです。

今回チェアをご購入頂いたのは、こちらの場所を引き締めるものが欲しいと考えていらっしゃった為です。ティーブラウン色の優美なラインと、赤い張り地が、品格のあるアクセントとなり、風格のある場所を作り出しました。
>次のページへ
インテリアは年月をかけて創造していくもの 部屋に気品を与えるのは、伝統ある由緒正しいデザイン 大人のロマンティック 小物を上手に使ってクラスアップ 外国のような
和室インテリア
高級輸入家具 高級輸入住宅・マンションの
コーディネート
品質&ポリシー ショールームご案内
会社概要 テレビ/雑誌 ブログ リンク